MENU

消費者金融の借入限度額はどうやって決まるのか

キャッシング機能付きのクレジットカードを使ったことのある方は、明細書に利用限度額が記載されているのを見たことがあるかもしれません。
消費者金融を利用する際も、借入限度額が設定されます。

 

では、この借入限度額はどのように決まり、どうすれば限度額を引き上げることができるのでしょうか?

 

まず、消費者金融で新規申込をする際に、借入希望額を記入します。
これはあくまでも自分が借りたい金額です。

 

その後無事に審査に通ると、その審査結果から借入限度額が導き出されます。
消費者金融によって限度額を定める基準が異なるため確かなことはいえませんが、借入限度額の決め方には個人の属性が関係しています。

 

個人の属性とは、年齢・収入・勤続年数・居住年数・過去の借入や返済状況などのことです。
これらの項目で、生活が安定しているかどうか、確実にお金を返す能力があるかどうかが判断されます

 

勤続年数や居住年数が長ければ安定していると判断され、収入が多ければ完済する能力があると判断されるでしょう。

 

これらの点を総合的に評価した結果、審査の可否が決まると同時に借入限度額が設定されます。
ですから、消費者金融が提示してきた借入限度額が今の自分に一番合った利用額ということもできるでしょう。

 

ただ、できれば借入限度額を引き上げたいという場合もあるかもしれません。

 

消費者金融で借入をしてから確実に返済を続けていくと、消費者金融側から限度額引き上げの話を持ってくることがあります。
ですから、まずは健全な利用実績を積みましょう。

 

また、収入がアップするなどのプラスの条件ができた時に自分で申し出ることも可能です。

 

ただし、借入限度額を引き上げるためにはもう一度審査を受けなければなりません
融資の額が増えれば、当然審査も厳しめになります。

 

ですから、借入限度額の引き上げは、それなりの条件が整ったタイミングで申し出るようにしましょう。